moomoo証券の紹介キャンペーン激熱!最大40万円 今すぐ>>

正欲/あらすじを相関図で解説/感想/口コミ(ネタバレあり)

この記事では朝井リョウさんの小説

正欲

を紹介します。

2023年11月10日に劇場公開することが決定し、新垣結衣さん、稲垣吾郎さんらが主演することで大きな話題となっています。

2021年に朝井さんの作家生活10周年を記念して書かれた作品で『多様性』を社会につきつけた作品です。

『正欲』は書店員さんが決める「2022年本屋大賞」で4位を受賞しました。

内容が衝撃的なので正直どう映像化されるのか想像がつきません。

そして主となる人物をあのガッキーが?という、原作を読んだ時とはまた別の衝撃がありました。

純真な役を演じてきた新垣結衣さんと、今作の役とのイメージが違いすぎたのです。

しかし、女優としてこの役を選んだ気概みたいなのも同時に感じ、今は新垣結衣さんがどう演じるのか楽しみでなりません。

本記事では原作『正欲』を相関図とともに、あらすじを紹介します。

「ネタバレ」を含みますので、情報をまったくいれたくないという方は、ご注意ください。

この記事でわかること
  • 原作「正欲」のあらすじ
  • 原作「正欲」の相関図
  • 「正欲」を読んだ私の感想
  • 朝井リョウさんの他作品紹介

自己紹介

はじめまして管理人です。

私の趣味は「読書」で週に2冊のペースで本を読んでいます。

せっかくなので、おすすめの本や映画の感想などを、アウトプットして、ブログ運営も行っています。

私のブログ収益についてはこちら>>

目次

「正欲」あらすじを簡単に紹介(ネタバレあり)

あえて個人的な解釈をいれつつ、あらすじを紹介します。

ネタバレありなのでご注意ください。

『正欲』は基本的に3つの物語で構成されています。それぞれの物語が順番に交互に少しづつ進行していきます。

そして、それぞれ異なる物語だと思っていたものが、ある1つの事象によって結びついていきます。

それは共通の「性的嗜好」です。

どんな性的嗜好? ネタバレあり→

水しぶきに対して性的に興奮します。

水しぶきの形状やシチューエーションに対して色々好みがあるそうです。

多様性が認められる社会になりつつあるなかで、「それはここまで」と線引きされた外にいる人たちの、葛藤や苦しさを描きます。

本当の多様性ってなに?という切り込んだ話です。

3つの話をそれぞれ紹介します。

①寺井啓喜の話(稲垣吾郎)

寺井は検事である。「真面目」「普通」「通常のルート」に生きることこそが「まとも」だという価値観を持っている。

それは職業柄「通常のルート」から外れたものが犯罪に近い場所にいる事例をたくさん知っていたからである。

そんな寺井の悩みは息子泰希(たいき)の不登校でした。

「通常のルート」にいられる立場を自ら手放すことに、イラ立ちを感じ、残念でならなかった。

しかし心を閉ざした息子とどう会話すべきかわからず、不登校を容認する妻由美に対して、決して認められない気持ちをもちつつも、黙認している状況。

不登校の息子は「学校にいかなくても生きていける」とうたうインフルエンサーに触発され、ますます学校へ行かない生き方への意思を強くする。

作中ではインフルエンサーの名前はでてこなかったが、あきらかに「ゆた〇ん」である。

学校にいかないという生き方も「多様性」の1つでありながら

学校に行く=まとも

学校に行かない=まともではない

という世間一般のぬぐえない考え方を寺井啓喜が代弁しているかのようです。

あるとき、不登校の子供を支援するNPO団体の「外で体を動かそう」という運動に参加した泰希。

そこで出会った、同じく不登校の「あきら」と、NPO団体スタッフの「右近(うこん)」の協力のもと、YouTubeを始める事になります。

そのチャンネル名は

「元号が変わるまであと〇日チャンネル」

泰希とあきらは夢中になって、YouTubeに没頭します。

そしてコメントをもらうと、コメントの要望に真摯に応えていくようになります。

学校へいけない2人にとって、勇逸の社会とのつながりがYouTubeであり、コメントをくれる人たちだったからだ。

コメントには企画や罰ゲームのアイデアがくるようになります。

「風船の早割対決はいかがでしょう?」

「水中で息を止める勝負は?」

「水風船を投げ合うというのは?」

「ホースの水をどこまで遠くに飛ばせれるか対決」

そうです。

特殊性癖の持ち主たちからのコメントであふれていました。

純粋にリクエストに応えてくれる2人は、特殊性癖の方からすると「おかず」を提供してくれるありがたい存在にほかならなかった。

この泰希のYouTubeこそが3つの物語を結びつけていきます。

そんな、寺井にも誰にも打ち明けることのできない「性的嗜好」があります。

映画でその「性的嗜好」を表現するのか?またはスルーするのか?

稲垣吾郎さんがどう演じるか興味があります。

②桐生夏月の話(新垣結衣)

寝具店に勤める20代女性の夏月も、ある性的嗜好の持ち主だった。

人と関わることをあきらめ、一定の距離を保ちながら生きていた。

「多様性」が認められる時代と言っても、それは人が想像できる範囲での話であり、未知なものに関して受け入れられることがないことを理解していたからだ。

なるべく、バレないよう目立たないよう日常をただ過ごしていた夏月に「同窓会」の連絡がはいる。

夏月には1つだけ学生時代を思い出す事象があった。

それは佐々木佳道という同級生の存在。

学生時代に『同じ性的嗜好を持っている』とお互いが認識しあったことがあるのだ。

転校しそれ以来一度も会っていないが、夏月は鮮明に覚えていた。

同窓会で再開した佐々木佳道はやはり「同じだ」とすぐ理解した。

佐々木佳道も共有できない秘密を抱え社会との交流をあきらめていた。

大晦日の人込みのなか、同じことを考えていた2人が運命的に再会し、2人は生きていく為に手を組みます。

③神戸八重子の話(東野絢香)

容姿コンプレックスをもつ大学3年生の女子。

引きこもりの兄の影響で、異性から「性的」な目で見られることに嫌悪感と恐怖心をもっていた。

学園祭の実行委員を務め「容姿」の順列をつけるミスコン主体の運営から「多様性」をテーマにした学園祭の運営にシフトチェンジしようと力をいれていた。

男性が怖い神戸八重子だが、同じ学年ダンスサークルの諸橋大也にだけは、そんな気持ちにならないことに気づく。

そして執着していく。

諸橋大也

彼も特殊な性的嗜好をもっていた。

性の対象が女性でないことが、神戸八重子に恐怖心が生まれなかった要因なのだろう。

そんな世界があることを知らない、想像もできない神戸八重子は、諸橋大也に必死でからみつこうとする。

そして、寺井啓喜の息子が運営するYouTubeをきっかけに、ある事件へとつながっていく。

「正欲」相関図

長々と書いてしまった「あらすじ」を相関図にすると以下のようになります。

※リンク付きの転載のみ使用可です

映画 正欲 キャスト紹介

2023年11月に公開「正欲」のキャストを紹介します。

寺井啓喜役 稲垣吾郎

いわずとしれた元SMAP超スーパーアイドルの稲垣吾郎さん。

桐生夏月役 新垣結衣

ヒロインをつとめるガッキー。

佐々木佳道役 磯村勇斗

仮面ライダーゴーストにレギュラー出演していました。着実とキャリアを積み重ねて脂がのっている31歳の俳優

神戸八重子役 東野絢香

身長が170㎝あるスタイルの良い女優さんです。

諸橋大也役 佐藤寛太

大学のダンスサークル所属のイケメンダンサー。劇団EXILEに所属する俳優で実際に踊れます。

寺井由美役 山田真歩

寺井啓喜(稲垣吾郎)の妻、寺井由美の役です。

「正欲」を読んだ感想 ※ネタバレあり

「正欲」を読んで私がおもったこと。

多様性を認めるってのはかなり難しい

物語の最初に、児童ポルノ違反を犯した事例が客観的に紹介されます。

3人の20代~30代の男性3人が、みずからのグループを「パーティー」と呼び、小学生たちの濡れた姿の写真を共有します。

ゾッとしませんでしたか?

まずは読者に嫌悪感を抱かせるのです。

そして、まんまと作者の手のひらにのった読者にたいして

「あなたも、線引きをしましたね」

と・・物語の最後につきつけてきます。

それは、責められているというよりは、この社会がまさにそんななんだよと諭されているかのようです。

LGBTは完全とはいえないまでも、徐々に市民権を得てきました。

同性愛者を差別をする人がいたとしたら「まだそんなこと言ってるの?」と「新しい価値観を理解できない老害」扱いされてしまいます。

しかし、いまだ出会ったことのない想像をこえた価値観に関しては「変態」「理解不能」と片づけられてしまうのです。

この小説を読んで、何かが解決することもないし、社会が変わっていくとも思えない。

それでも、少しでも社会に「とっかかり」になりえる傷を残す作品です。

作者がなにかメッセージを発しているのはわかるのですが、つかみとれないというか・・

ただ感情を揺さぶられました。

人の心をどういう形であれ動かすのが良本という定義なら、まちがないく力のある良本だと思います。

神戸八重子が諸橋大也に

「どうせわかってもらえないと、卑屈になってなにも話をしないから、わかりようがない」

「異性愛者だって、法律上してはいけないことがある。特殊性癖のひとも同じじゃないの?」

と感情をぶつけるシーンがあります。

めちゃくちゃ道理だし「わかる」と思ってしまった。

しかし、オーディブルのレビューなんかでは、神戸八重子はボロクソにけなされているんですよね。

「まるでわかっていない」

「価値観をおしつける自己中女」

確かに、最後まで伝わっていないという社会に対しての皮肉に神戸八重子は利用されていると思いました。

とはいえ

多様性ってなに?というテーマのレビューで、自分とは違う考え方の登場人物をボロクソに言ってるのだから、なんだか面白いというか・・・

本作では「水に対して性的興奮」の特殊性癖が登場しました。

その役を新垣結衣さんが演じるというのであれば

きっと、そこまで嫌悪感が表にでず「そんな悩み(性癖)もあるか」くらいに受け止める人も多いと思います。

想像もできない価値観に対してどう対応すべきか?

なんか前向きに論争されるかもしれない。

ただ、もし本作の特殊性癖が「小児性愛」だったら・・・

抑えられない衝動に主人公が悩み、人生をあきらめていたら・・

作者のメッセージは同じだとしても、受け取る側の印象はまた違ったものになるのではないだろうか?

それは「多様性の線引き」をやはり行っていることになるのでしょうか?

なんてことを、読後に考えたりもしました。

「正欲」の作者/朝井リョウの紹介

「正欲」の作者「朝井リョウ」さんの紹介をします。

作者 朝井リョウさんの紹介

1989年5月31日生まれ男性。平成生まれの比較的若い小説家さんです。

2013年「何者」で第148回直木三十五賞受賞。男性では最年少受賞者です。

代表作は

2010年、早稲田大学在学中に発表した「桐島、部活辞めるってよ」

2012年発表「何者」

どちらも映画化されヒットしたので聞いたことがあるのではないでしょうか?

バップ
¥2,864 (2024/07/17 08:32時点 | Amazon調べ)
出演:佐藤健, 出演:有村架純, 出演:二階堂ふみ, 出演:菅田将暉, 出演:岡田将生, 出演:山田孝之, Writer:三浦大輔, 監督:三浦大輔
¥2,500 (2024/07/17 08:32時点 | Amazon調べ)

「朝井リョウ」さんの作品は、オーディブルで聴けるものが多いので、気になった方はぜひ試し聴きしてみてください。

\30日間無料期間あり/

お試しで体験してみてね

オーディブルってなに?というかたは以下の記事をごらんください。

朝井リョウさんの作品

タイトルオーディブル
桐島、部活やめるってよ 映画化
チア男子!! 映画化
星やどりの声
もういちど生まれる聴き放題
少女は卒業しない 映画化
何者 映画化聴き放題
世界地図の下書き
スペードの3
武道館
世にも奇妙な君物語
ままならないから私とあなた
何様 
死にがいを求めて生きているの
どうしても生きてる聴き放題
発注いただきました!
スター
正欲 映画化2023年11月公開聴き放題
そして誰もゆとらなくなった(エッセイ)聴き放題
スクロールできます
タイトルオーディブル
桐島、部活やめるってよ 映画化
チア男子!! 映画化
星やどりの声
もういちど生まれる聴き放題
少女は卒業しない 映画化
何者 映画化聴き放題
世界地図の下書き
スペードの3
武道館
世にも奇妙な君物語
ままならないから私とあなた
何様 
死にがいを求めて生きているの
どうしても生きてる聴き放題
発注いただきました!
スター
正欲 映画化2023年11月公開聴き放題
そして誰もゆとらなくなった(エッセイ)聴き放題

「正欲」の口コミ

「正欲」の口コミ・評判を紹介します。

まとめ

「正欲」のタイトルって

そのまま「性欲」の意味と「正しい欲とは?」みたいな意味が込められているんだろうな。

それすら違うのかもしれない。(作者さんがどこかでタイトルの意味について発信していたら恥ずかしいですが・・)

ただ、知らない世界を覗いた・・

そんな世界があるってことを知った・・

それだけは間違いないと思う。

著書も良いですが、「聴く読書 オーディブル」もおすすめです。

オーディブル会員の方は、定額内で聴ける作品ですのでぜひ聴いてみてください。

オーディブル未経験のかたは、ぜひ聴く読書を試してほしいです。

すごく効率が良いインプット方法です。

私の読書はもっぱら「聴く読書オーディブル」です。

初めて登録されるかたは、無料体験間があるのでお試しで利用してください。

無料期間中に解約すれば一切料金はかからないのでおすすめです。

\30日間無料期間あり/

お試しで体験してみてね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次