霜降り明星 粗品に「これはダメですね」と関根勤が苦笑い

スポンサーリンク
関根勤のダメ出し エンタメ

お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(29歳)が8月31日放送のTBS「水曜日のダウンタウン」に出演。関根勤(69歳)から、「これはダメですね。0点」と回答に低い点数をつけられました。

関根勤はフジテレビ「笑っていいとも」で、進行を務める際、特徴のある人物を何かにたとえる見立て芸を得意としており、一般の方を紹介する時に絶妙な例えで笑いをとっていた。

「2代目関根勤選手権」というコーナーは、その見立て芸にチャレンジしてもらい、関根勤が審査員として点数をつけるというもの。優勝者には「2代目関根勤」の称号が与えられる。

「すごいメンバーを集めましたね」と驚きのコメントのとおり、大喜利を得意としているそうそうたる顔ぶれが参加

霜降りの粗品、麒麟川島、くっきー、笑い飯西田、ずん飯尾、板尾創路

 

確かにすごいメンバーで、これだけで1つの番組ができそう。

 

関根勤の得点基準はしっかりしており「人を傷つけない」笑いがポイント

この基準に反したのが霜降りの粗品

トップバッターの粗品はランダムに出てくる一般の方を面白く例えていき、スタジオでも笑いがおきていたが、5人目の男性を

「木本さん、お金返してください」

といかにも、わけのわからないままお金を貸してしまったさえない男と例えた。

さすがにこの回答には関根勤も

「これはダメですね」

初の0点をつけ、スタジオをわかせた。

その後粗品に「木本君のところ0点だよ」「あれは1番いじったらだめだよ」といいながらも「でも爪痕残したよね」とフォローをいれるあたり、さすが人を傷つけないというポリシーの関根さんといったところ。

粗品の「え~!木本さんのせいやん」というボヤキに、関根さん手をたたいて喜んでいました。

ちなみに板尾創路さんの「2025年に祖国が海に沈みます」という紹介にも

「これダメです!これは」とブレない審査をしていました。

Twitterでは「関根さんのブレない点数に好感」「芸人の答えよりも関根さんのコメントが面白い」などと、関根さんを称賛するコメントがあいついだ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました