香川照之性加害を生放送で謝罪!カマキリ先生への影響は?

スポンサーリンク
香川照之 エンタメ

カマキリ先生のようなコミカルなキャラにも全力で取り組み高感度の高い、歌舞伎役者の香川照之(56歳)が、8月24日発売の「週刊新潮」で大々的な性加害を行ったと報道されたことに対し、26日、自身が司会を務める情報番組「THE TIME」の冒頭で「私ごとでお騒がせをいたしまして、皆様にご迷惑、ご心配、ご心痛をおかけし、誠に申し訳ございません」と謝罪をしました。

25日所属事務所より、「本人は深く反省。本人の不徳のいたすところ」などとコメントを発表し、記事を認めたいたため、26日本人のコメントに注目が集まっていました。

性加害の内容を簡単に説明すると、2019年7月、銀座のクラブでホステスを相手に、ブラジャーをはぎとったり、直接胸を揉んだり、キスをしたりと性加害を行い、ホステスがPTSD(心外的外傷後ストレス)を患ったという。

公式コメントでは、内容については事実と認め、謝罪がありました。そしてお相手の方にはご理解とお許しを得ていることが示されていました。

被害者の女性は2020年に「性加害を止められなかった」としクラブのママに損害請求を起こしていますが、2021年には取り下げられています。

訴訟も取り下げられ、本人からのお許しを得ている3年前の性加害が、なぜいまになって表にでてきたのか不可解な部分もありますが、事実を認めた以上、今後の香川照之さんの活動に大きな影響がでるのは避けられなくなりそうだ。

 

カマキリ先生の今後は?

香川照之さんといえば、大の昆虫マニアと知られています。

Eテレで放送している「香川照之の昆虫すごいぜ!」では、自らがカマキリの着ぐるみを着てカマキリ先生に扮している

「俳優生活苦節28年、やっと本当にやりたい仕事ができました!」

と、コメントするほど、マニアっぷりを存分に発揮し、SNSでも話題になっていました。

同番組のおかげで、子供やその親御さんからの好感度も高かっただけに、今回の性加害報道は大きな影響がありそう。

気になるのは、カマキリ先生の今後ですが、局の発表によると「今後の放送に変更はないとのこと」

 

スポンサーリンク

まとめ

一連の性加害の報道に関して、素直に事実を認め生放送の冒頭で謝罪をしました。

被害女性には十分に謝罪をして許しを得ている、3年前のできごとであったという事を考慮したうえでの対応といったところではないでしょうか?

現在進行形で訴訟されていたら、また局の対応なども違っていたのでしょうが・・

カマキリ先生がすぐにみられなくなる!ってことはなさそうで、ファンの方は安心したのではないでしょうか?

しかし、今後ことあるごとに性加害の印象がついてまわるので、香川照之さんのこれからの言動・行動が重要になってくるのでしょう。

 

香川照之に性加害報道!銀座のクラブで大暴れ?再婚相手の反応は?

タイトルとURLをコピーしました