暗号資産、暗号通貨、仮想通貨とは?暗号資産の現状と今後

スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク

暗号資産、暗号通貨とは?仮想通貨との違い

結論からいうと暗号資産、暗号通貨、仮想通貨は同じだと認識してオッケーです。

当初は、貨幣や硬貨などの実在する通貨の相対的な呼び名、実在しない硬貨=仮想通貨と呼ばれていました。

仮想通貨は、ブロックチェーンと呼ばれる暗号技術を使用して取引の安全性と検証を行うデジタル通貨で、暗号化された通貨という意味合いから「暗号通貨」とも呼ばれるようになりました。

暗号通貨は世界で瞬く間に広がり有名になり、国際的に使われる通貨として呼び方や基準を統一する必要が生じました。

国際会議などの正式な場では「Crypto asset(暗号資産)」と呼ばれるようになりました。この表現が世界中で一般的となり、日本でも国際基準に合わせるために暗号通貨を「暗号資産」と呼ぶようになりました。

すなわち、暗号資産、暗号通貨、仮想通貨はどれも同じ意味合いをもちます。

 

暗号資産とは?

暗号資産は従来の通貨とは異なり、政府や銀行が管理しない非中央集権的な通貨です。その代わりに、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術によって支えられています。

ブロックチェーンは基本的に、その通貨で行われたすべての取引のデジタル記録です。

最も有名な暗号資産は、2009年に誕生したビットコインです。それ以来、何百もの他の暗号資産が作成されました。イーサリアム、ライトコイン、リップルなどが有名ですね。

2023年現在で数千種類のアルトコインがあると言われています。

ビットコイン以外の暗号資産(暗号通貨)を全てアルトコインと呼びます。

暗号通貨は
ビットコインアルトコイン(ビットコイン以外の全て)
に分けられます

暗号資産が魅力的なのは、従来の通貨と同じ規制の対象ではないため、よりアクセスしやすく、使いやすいという点です。また、従来の通貨よりも高速で安全、かつ安価な取引を可能にする。

結論として、暗号資産はブロックチェーン技術を利用したデジタル通貨であり、その安全性、透明性、アクセスのしやすさから、ますます人気が高まっています。

多くの人が未来のお金と見なしており、将来的価値を感じて投資を行っている方も多いのですが、ビットコインまたは数千以上あるアルトコインの中から、将来的な価値をどう見極めていくか、どのように使用できるかを理解するために、それらについてもっと学ぶことが推奨されます。

スポンサーリンク

暗号資産投資のメリット・デメリット(リスク)

暗号資産投資の利点は、高いリターンが期待できることです。

暗号資産はボラティリティが高いことが多く、価格が急激に上下することがあります。このボラティリティは、時間の経過とともに高いリターンにつながる可能性があり、投資家にとって魅力的な商品ということになります。

実際、2017年1コイン85000円程度だった価値だったビットコインが、同年12月には233万円の価値に跳ね上がりました。わずか1年の間に30倍もの価値がつきました。

2017年はビットコインのバブル期だったともいえます。

日本でもこの波に乗り大金を稼いだ層、俗にいう「億り人」が続出しました。

このように非常にボラリティ―の高い魅力のある投資物なのです

しかし、当然リスクもあります。暗号資産は変動が激しいため、短期間で大きな損失を被る可能性もあります。

バブル期だったと紹介した2017年の欲年2018年には、さっそく暴落をしていますので、2017年の最高時に購入した方は大きな損失をしたでしょう。

その後も価格の変動をくりかえしました。

2021年11月には1コイン750万の価値まで急騰し、年末までには1000万の価値まで上がるのではとささやかれていましたが、2022年に大暴落、2023年1月時点では220万まで価格を下げています。

このように、価格の変動が激しく、資産を大きく減らしてしまうリスクがあることの理解を深めることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました